第138回明大祭実行委員会委員長挨拶

長い人生において大学生でいられる青春の時間は瞬く間に過ぎ去っていきます。そのような刹那的な青春の中で、夢や目標に向かって努力する明大生は自分を全力で表現する場を強く求めています。その想いはどれだけ時を重ねても、どれだけ世界の姿が移り変わろうとも変わりません。今年度のコンセプト「青春短し、輝け明治」には、青春を謳歌している今だからこそ出せる「個」を明大祭で全力で輝かせようという意味が込められています。

明大祭で明大生の変わらぬ強い想いを感じたならば、青春に全力投球している「個」が集結し、創り出された明大祭に関わった人々は、いつの日かきっと輝かしい日々を思い返すことになるでしょう。

また、第138回明大祭は来場者数・来場時間に制限を設けての開催となっております。すべての方に自由に明大祭を体感していただくことができないことにご理解いただくと同時に、我々明大祭実行委員会の力が及ばない点が多々ありましたことを深く謝罪申し上げます。それでも、少しではありますが、従来の形に近づいた明大祭を開催できるのは、参加者の方をはじめとするすべての関係者の方々のお力添えがあったからです。明大祭実行委員会を代表して心より感謝申し上げます。

そして、第138回明大祭が明大生の自己表現の場となり、さらに明大生の強い想いをみなさまにお届けできる場となることを切に願っております。

最後になりますが、第138回明大祭をご支援いただいた関係各所のみなさまに、明大祭実行委員会を代表して重ねて御礼申し上げます。

第138回明大祭実行委員会 委員長 商学部3年